前へ
次へ

足裏を刺激して美容と健康を保つ

寒さが堪える冬、環境ストレスで肩凝り、冷え、足のむくみ等が起こりやすくなります。
お風呂上がりに足裏をマッサージする簡単なボディケアを紹介します。
足裏を刺激することで、血行が良くなり体の不調を整えるばかりでなく、美容効果も得られます。
まず、アロマオイルを足裏にまんべんなく馴染ませたあと、親指の腹で足裏全体を揉みほぐします。
ゴリゴリとするところや固い感じのするところは、内臓の働きが弱っているので念入りにほぐします。
土踏まずを揉みほぐすと、胃腸の働きが良くなります。
踵の固い場所は、手の関節や棒を使って強めに刺激します。
踵への刺激はホルモンのバランスを整えてくれるので美肌に効果があります。
アロマオイルを使うことで、よりリラックスでき足裏の保湿も出来ます。

バスタイムにボディケアをしましょう

入浴時は体が温まっていますし体も神経もリラックス状態にあるため、マッサージに適した状態なのです。
ボディケア用品には水に濡れても使えるものや洗い流しが必要なものと、洗い流さなくても良いものがあります。
種類はマッサージソルトやボディクリームや、オイルなどがあります。
マッサージはリンパに沿って、老廃物を流すことを意識して行うと効果的です。
ボディケアは美容を保つためにも、ダイエットにも役立ちますので習慣的に行うのがおすすめです。
老廃物を流すとむくみや冷え症の予防や改善にもなりますので、寒い時期には積極的に行うと良いです。
カプサイシン配合など、体が温まる成分が入っているクリームなどを使うと効果をアップさせることができます。

Page Top